九日連 研修会
新刊『「授業力」を磨く30のテーマ』の著者によるセミナー 「授業力を磨く:発音練習を中心に」

日 時 : 12月2日(土)13:00〜17:00 受付
開 始 : 12:30 
講 師 : 河野俊之   横浜国立大学助教授。 
      『よくわかる音声』、『Teach Japanese』
      『1日10分の発音練習』、著者
会 場 : 九州大学 箱崎・文系キャンパス・中講義室
参加費 : 九日連会員500円   一般1000円(当日納入
      *メーリングリスト登録のみの現会員は、一般扱いになります。
定 員 : 150人 (定員になり次第締め切ります)
申込み : @住所A氏名B電話番号C所属D区別(九日連会員か一般か)
      を明記の上、葉書・ファックス・メールにて
      下記宛にお申し込みください。
      電話での申し込みは不可、また当日の受付はいたしません)
      〒812-8581 福岡市東区箱崎6−10−1九州大学留学生センター 
      清水百合
fax: 092−642-2144 e-mail: shimizu@isc.kyushu-u.ac.jp
メールアドレスは不正処理防止のため画像になっております。
お手数ですがメールソフトのアドレス欄に直接ご入力ください

       
申込締切: 11月25日(土)必着
      (定員オーバーの場合のみ、その旨お知らせします)
      問合せ先: 清水百合  (  同上 )メールかファックスで
共 催 : 九州日本語教育連絡協議会(九日連)、(株)アルク
書籍販売: 大谷書店



 
セミナー内容
T.講演 「日本語教師に求められる『授業力』とは何か?」
(休憩10分)

U.ワークショップ「音声の効果的指導法」       
『1日10分の発音練習』を教材として、授業力を磨く具体的方法を考える。
(休憩10分)

V.対談 「教師が育つ・教師を育てる」
河野俊之(横浜国立大学)・横溝紳一郎(佐賀大学)
IV.質疑応答

講師から一言

「音声教育を研究しよお」っち言うたら、「頭がよかとやろ」っち、よお言わるっと。「なん、つやつけとおと」げな言わるっこともあるとやけど。音声教育は日本語教育ん中では特別扱いのごたある。そげんことなかとやけど。セミナーでは、日本語教師に必要な力とは何か、それを高めるにはどうしたらよいかについて考えていきます。また、特殊能力が必要であるかのように言われる音声教育能力が実は日本語教育能力の根幹であるということを実感していただきたいと思っています。そして、それを通して、授業を改善することについて、講演、ワークショップ、横溝紳一郎氏(筑紫丘高校出身)との対談を通して、真摯に、しかし、楽しく考えたいと思っています。
 
河野先生は、北九州の東筑高校出身で、ユーモアたっぷりの元ラガーマンです。このたび研修会に来ていただけることをうれしく思っています。皆さんのご参加を、お待ちしています!

kyuunichiren