九日連とは 九日連の活動へ 各地区のデータ
リンク集へ お知らせブログへつながります 研修会案内へ


日本語教育学会地域研究集会・会員研修
1 研究集会【研究発表・講演】

 
日時 2011年6月4日(土)13:00〜17:30
会場 立命館アジア太平洋大学(APU)
参加費 学芸員=500円 一般=1,000円
 プログラム
13:00〜 開会の挨拶
13:05〜 ポスター開始(〜15:50)
13:20 口頭発表開始
15:35 口頭発表終了
15:50 ポスター終了
16:00 講演
17:30 講演終了
17:40 閉会
 《会場1》 
13:20〜13:50 聴解力向上のためのeラーニング活用―日本語中級レベルの
        学習者対象のアカ デミックリスニング― 早瀬郁子(佐賀大学)
13:55〜14:25 短歌で学ぶ日本語―韓国人大学生、韓国の中心で愛を叫ぶ―
        近藤有美(長崎外国語大学)
14:30〜15:00 ニュースを使った日本語教育の再考〜中上級学習者への授業
        報告〜 川崎加奈子(長崎外国語大学)
15:05〜15:35 学習意欲を引き出す教材・教え方の工夫−英語教育から日本
        語教育へ− 横溝紳一郎(佐賀大学)
   
 《会場2》 
13:20〜13:50 日本語母語話者と非母語話者の発話に見られる「まあ」の使
        用傾向 黄 英哲(大葉大学)
13:55〜14:25 発話の「重なり」に関する一考察―日本語話し言葉コーパス
        (CSJ)の「自由対話」を用いて― 呉秦芳(真理大学)
14:30〜15:00 多義的副詞に関する音声指導の試み 浅田和泉(佐賀大学)
15:05〜15:35 日本語の否定丁寧形「〜ません」と「〜ないです」について
        古川俊雄(日本文理大学)

   
 《会場3》 
13:20〜13:50 留学生と日本人学生の持続的交流に向けて −スタディツ
       アーから見えてきた交流の壁− 山田智久(佐賀大学)
13:55〜14:25 言葉の使い分けから日本文化を考える−「わきまえ」の観点
        から− 夛田美有紀(長崎大学)
14:30〜15:00 EPA看護師候補生の職場適応に関するエスノグラフィー ー
        契約解除に至った候補生のケースからー 嶋ちはる(ウィスコンシン大学)
15:05〜15:35 「こども日本語サポーター養成講座」の取り組み―散在地域
        である佐賀県に暮らす子供たちを支援するために―
        貞松明子・早瀬郁子・有瀬尚子(佐賀大学)
   
 《会場4》 
◎中級・上級日本語学習者の作文に見られる条件表現―条件形式に代わる形式
 の使用について― 井脇千枝(九州外国語学院)
◎中国人学習者の可能形の運用についてー『J-Bridge』をメイン教材とした気
 付きの指導 瀬川綾子(九州外国語学院)
◎会話テストの実践を通して見えてきた変化と今後の展望ー意識をもって授業
 を変えるー 小畑美奈恵・戸上理恵子・佐野千亜紀・堀井忠大・高野涼子・立
 部文崇(明日香美容文化専門学校)
◎ブレンディッドラーニングによる中上級日本語学習者の読解力と聴解力の習
 得過程の違いについて 篠崎大司(別府大学)

 
   
<講演>
◎教育現場から実践研究への道−「実践報告」論文には何が必要か−
 講師 松見法男氏(広島大学)


<講師から一言>
日々の教室指導において,学習者は様々な言動を見せてくれます。そのような言動の中で,学習過程の指標となるものがいくつかあり,それを体系的かつ客観的に追いかけることによって,教育の成果が
観察可能となります。日本語教育における先生方の取り組みが,「実施報告」のレベルを超え,「実践報告」論文のレベルでまとまるように,心理学の研究法に基づいたお話をさせていただきます。
************************


2 研究集会

 
日時 2010年6月5日(日)10:00〜16:30
会場 立命館アジア太平洋大学(APU)
参加費 学会員4,000円・一般5,000円
定員 70名 
申し込み先 〒812-8581 福岡市東区箱崎6-10-1
九州大学留学生センター 小山 悟
e-mail:koyama@isc.kyushu-u.ac.jp
◎実践研究における統計処理
−分散分析をやってみましょう−
 講師 松見法男氏(広島大学)
 
講師から一言

先生方は,テスト得点や評価点など,学習者に関する多の情報を持っていらっしゃいます。しかし,「実践報告」論文を書く時に,それをどのように活かせば良いかについては,情報を得る機会が少ないのではないでしょうか。本研修では,数量データの活かし方として,「分散分析」を取り上げます。「分散分析」を一緒に体験し,その基礎知識をぜひご自分のものにしてください

 
 
 
<報告>  
 
6月4日・5日の両日、立命館アジア太平洋大学(APU)で今年度の地域研究集会と会員研修が開催されました。

初日の研究集会では、予想を大きく上回る140名の来場者があり、各会場が熱気に包まれる中、合計16本の研究発表が行われました(口頭発表12本、ポスター発表4本)。また、研究発表終了後には広島大学の松見法男先生による講演(「教育現場から実践研究への道ー「実践報告」論文には何が必要かー」)が行われ、教育現場に関わる者として大いに刺激を受けました。

2日目の会員研修には58名が参加しました。内容は、前日の講演に引き続き、松見先生によるデータ分析の実際で(題目「実践研究における統計処理−分散分析をやってみましょう−」)、来場者からは「わかりやすく具体的に教えてくださったので、とても勉強になりました」「今後自分自身の研究に生かせそうです」などのコメントをいただきました。

<研究集会委員から>

今年度の特徴は日本語学校の先生方による発表が3本あったことです。地域研究集会では「地域の掘り起こし」を目的に、昨年度から(学会員でなくとも発表できる)「活動報告」という新たな枠が設けられました。今回の日本語学校の先生方による発表はいずれも学会員としての「実践報告」でしたが、これをきっかけに、来年度以降日本語学校や地域の日本語教室で教える先生方の発表が増え、九州・沖縄地区の日本語教育がさらに盛り上がっていけば…と願っています(その一方で、地元の大学院生による発表が1本もなかったことは少し残念でした。学生の皆さんはもちろん、各大学院で指導に当たられている先生方の奮起を期待したいと思います)。

なお、来年度の研究集会は熊本県で開催の予定です